だるま正宗のお酒としげりの日常


by shigeri.1008
カレンダー

今日は古酒用のお酒の初めての蒸し米

d0005720_10121136.jpg


古酒用のお酒の酒母用麹の蒸し米50キロです。
「ひだほまれ」っていう岐阜の酒造好適米。

前は日本晴だったけど、
麹はやはりしっかりとお米を溶かすことのできるいい麹にしたいので
ひだほまれを使うようになりました。

ハツシモは食べて美味しいお米なので、モッチモチで
麹を作るときも大変なのですが

ひだほまれは、優等生で俗に言う

「サバケのよい米」です。

本当に、室の作業もラクです。

そして、麹の作業が終わったら、ハツシモ純米の分析です。
日本酒度を測るとき。

15度にまずします。
温度で比重が変わってくるので。

d0005720_10121192.jpg


それから日本酒度を測ります。
まだマイナスです。

d0005720_10121148.jpg


あと2~3日くらいで1本目が搾れます。

2本目をしぼりたてとして出荷します。


分析が終わって、
今日はちょっと午後あいたので、
根尾の酒販店さんにご挨拶に行ってきました。

つづく~。
[PR]
by shigeri.1008 | 2009-02-06 10:12 | お酒造り