だるま正宗のお酒としげりの日常


by shigeri.1008
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

地(坊主)になりました。

純米酒 淡墨桜(うすずみざくら)が、1本目、2本目とも「地」になりました。

d0005720_17511025.jpg


もろみの一面にお米の層で蓋をしたような状態になっています。
これを飯蓋(めしぶた)とも言います。

だいぶもろみの温度も下がって、一時は16度あった温度が、今日は12度台でした。
でも、発酵は進んでいて今日のアルコール分析の結果は17度台ありました。
あと少しで(1週間くらいかな~)美味しい純米酒が搾れるっ!うれしいっ!

「地」の状態は別名「ぼうず」とも呼ばれますが、
これは、花札の坊主から来ているのかなぁ。1度調べてみよっと。

d0005720_17545557.jpg


そうそう、アルコールを計るときは必ず、蒸留した液体を15度にしなければいけないんです。
浮標(うかせる計り)なので、いつも同じ温度にしていないと密度の関係で性格に測れないからです。この冬は寒いので15度に持っていくのが大変です。お湯で温めたり、温めすぎて水で冷やしたり。私の白魚のような手が(ウソ)、ガサガサじゃ~!
[PR]
by shigeri.1008 | 2006-02-07 17:57 | お酒造り