だるま正宗のお酒としげりの日常


by shigeri.1008
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2006年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧

ペイント

最近、サイトのてこ入れ策として、未来へのオリジナルラベル作りをやってました。

オリジナルラベルの需要は結構多いです。

お子さんの生れ年の「未来へ」に、写真入のラベルをこれまでずいぶんと作ってきました。
皆さんよろこんでくださるので、こちらもやりがいがあるのですが、もう少し自分のラベル作りの腕を上げたいと思っていました。

そんな折、

パソコンのアクセサリーにある「ペイント」をすこし勉強してみました。
すると、た!楽しい! かわいく出来る!

こんなオリジナルラベルが出来上がりました。

d0005720_22341465.jpg


自分の子供の小さいときの写真を引っ張り出して作ってみました。

自分が小さいときの写真も持ってきて作っちゃおっかな。
って、生れ年の古酒ありましぇーん。昭和43年。。。

オリジナルラベルが簡単に申し込めるフォームもただいま作成中ですので、出来上がり次第またお知らせします。お子さんが生れたり、お孫さんが生れたりしたら、

ぜひとも、
「未来へ」を熟成させてみてくださいね!
[PR]
by shigeri.1008 | 2006-08-28 22:40 | その他いろいろ
一年ほど前になりますが、午後うちの前に出ると子供(当時小1)が帰ってくるところでした。

d0005720_16282165.jpg



子供のころ、自分もランドセルを背負っていたなぁ、、、
という感慨のあまり、ランドセルを貸してもらったら、ちょうど知り合いの信用金庫さんがやってきたので、とっても恥ずかしかったです。

「コスプレ」

とやらに、はまる気持ちが少しわかったような。。。(^^;)



白木しげりのメルマガもよろしく。一ヶ月に二回くらいの頻度です。面白いといってくれる人多し。登録お待ちしています。



[PR]
by shigeri.1008 | 2006-08-25 16:32 | だるまんが
この前の日曜日(20日)に、富山県射水市で行われた、

「全国小学生 学年別柔道大会」 

に行ってきました。

なぜかというと、夫の寿さんの姪っ子が秋田県の5年生40キロ以上の部の代表として出場したからです! 秋田県代表ですからたいしたものです。

d0005720_17583813.jpg


富山まで、もっと時間がかかるかと思っていたのですが、荘川まで東海北陸道を走って、その後は御母衣ダム(みぼろダム)の辺りを国道を走り、そして再び白川郷インターから東海北陸道へ。小杉インターで北陸道をおりてすぐの体育館で行われました。

d0005720_183366.jpg



高校生のころ、体格のよかった(今でも結構体格いいけど)私は、柔道部の顧問の先生に、

「白木君!柔道部に入りたまえ!」

と大好きな人の前で誘われたこともあるくらいです。
って、どんなんじゃ!という感じですが。。。(^^;)



d0005720_1841184.jpg



出場している子供たちの一生懸命さにも心を打たれます。
姪っ子は、決勝トーナメントには惜しくも進めませんでしたが、また来年はきっと!と決意を新たにがんばってほしいです。ホントに立派です。
[PR]
by shigeri.1008 | 2006-08-23 18:05 | その他いろいろ
今から6年前までは、冬の酒造りの時期になると、
新潟から杜氏さんをはじめ蔵人さんが3~4人蔵に住んで、酒造りをしていました。

私が小さい頃、最高で8人の蔵人さんが来ていて、半年間は母が朝と晩(昼はお弁当)に食事の支度をしていました。

しかし。。。


d0005720_17115534.jpg



母はたま~に寝坊して、すごい格好のまま蔵人さんたちのところにいって

「すみませ~ん、あと15分待ってくださ~い!」

と謝っておりました。
同じ酒蔵でも、賄いの女性が来てくれる酒蔵もあり、うらやましいな~と思ったそうです。

私は幸いにも、蔵人さんたちのお食事を作ることはなかったのですが、蔵人さんが来なくなったので、夫と一緒に酒を造ることになってます(^^;)
[PR]
by shigeri.1008 | 2006-08-21 17:15 | だるまんが

岐阜うちわ

岐阜にはすばらしい歴史文化がいろいろありますが、その中に「岐阜うちわ」があります。

私も存在は知っていたのですが、岐阜の金華山下の古い町並み「川原町」にある住井富次郎商店さんに、先日お邪魔してきました。


住井富次郎商さんは、岐阜県で唯一の岐阜うちわ専門店です。
店頭で、ご主人の住井さんが毎日もくもくとうちわを作っていらっしゃいます。

岐阜うちわは、とても歴史が古く1400年代から宮廷にも献上されたりしてきました。
長良川の水運もよく、上流の和紙の産地である美濃市や、川沿いの竹が豊富だったことから、
「岐阜うちわ」の文化が発達したそうです。

d0005720_20301252.jpg



とても手間のかかる仕事ですが、1本1本手作りのぬくもりが伝わってきます。
岐阜の文化である「岐阜うちわ」を私も大切にしていきたいです。
[PR]
by shigeri.1008 | 2006-08-18 20:32 | 岐阜市の文化
古酒を20年、30年熟成させるということは、なんと気が長いことか。
とよく言われます。

しかし・・・・・。
d0005720_1182599.jpg



私の夫で、秋田からお婿さんとしてやってきた、寿(ひとし)さんは、最初父のことを、本当に気が長い人だと思っていたといいます。

しかし、東京に二人で出張に行ったときに、笠松競馬場の近くの駐車場に車を止めようとして運転をしていたところ、馬が横断していたそうです。

それが2分くらいかかるらしいんです。

そうすると、クラクションを鳴らして

「早く行け~!」


と。。。。

う~む。わからない人だなぁ。

と思ったそうです(^^;)
[PR]
by shigeri.1008 | 2006-08-15 11:11 | だるまんが

海に行ってきました。

11日に福井県美浜の水晶浜に海水浴に行ってきました。

11日が私も夫も都合がよかったので、子供たちに聞いたら

「行きたい! 行きたい!」

とのことだったので、朝の5時半過ぎに岐阜を出発して、9時ごろから泳ぎ始めました。

d0005720_11434867.jpg


水晶浜は、有名な海水浴場です。
だから人もいっぱい。

浜は、細かい細かい石のような状態です。わかるかな?

d0005720_11461692.jpg


足で失礼します。
私も今年は水着を着ました。
すぐに足が届かなくなるので、子供たちにはライフジャケットを着せてました。

d0005720_11474061.jpg


9時から1時まで泳いで、着替えてお食事。
その後別の岩場で5時まで遊び、子供たちは大喜びでした。

お盆は特にどこにも行かずにうちにいます。
皆さんも良いお盆をお過ごしくださいね~!
[PR]
by shigeri.1008 | 2006-08-13 11:49 | その他いろいろ
今から20年ほど前、しょっちゅう東京や名古屋に古酒を持って出かけては、暗く帰ってきた父。
古酒をけなされてかわいそうだなぁ、お父さん大変やなぁと思った家族は。。。

d0005720_932238.jpg



古酒が売れないころは、出張から帰ってくると、落ち込んだり、うちのものにも暗い顔を見せていたりした父でした。母はなだめたり元気づけたり、商売は大丈夫なのだろうか?と会社の行く末を心配したりと、気苦労も耐えなかったと思います。


しか~し。


落ち込んでいたかと思うと、突然イワナ釣りにウキウキと出掛けていったりするので、心配していたこっちは、


「あれ?」


ってなもんです。
そのくらいマイペースじゃないと、古酒も貯められなかったかもしれませんね~。
この漫画は、ニュースレターに掲載して、父が一番嫌がった漫画です。

つまり自分はそんなマイペース名人間ではないと思っているからで~す。

ブログにも載せちゃいましたわ。世界に発信!
[PR]
by shigeri.1008 | 2006-08-10 09:37 | だるまんが
6月末のフランス・ボーヌでの、日本酒セミナーの様子があちらの新聞に掲載されたということで、新聞記事を頂きました。

d0005720_15352723.jpg



見出しだけでも、訳がわかるといいな~と思いますので、どなたかわかる方メールください。
もちろんこのブログのコメントに書いてくださっても大歓迎で~す。

よろしくお願いします(^^)/
[PR]
by shigeri.1008 | 2006-08-09 15:37 | お酒の会
年がばれますが、今から18年前の平成元年に私はめでたく成人式を迎えました。

その時、振袖を着たかった私は。。。


d0005720_1003073.jpg



平成元年といえば、1989年で時代はバブルの全盛期。
成人式でもみんなきれいな振袖を着ていましたっけ。


そのころ、うちの会社は古酒が売れない上に、ある程度造って貯蔵にまわしていたので、究極にお金のまわりが悪かったころだと思います。そんな大変な時代に、娘たちに振袖など買ってもらえるはずもなく、(貸衣装でもなく)母の着物を着せてもらったのでした。

でも、平成元年に造った古酒はとってもいい酒になり、いまではビンテージ古酒としてすばらしい風格を漂わせております。


d0005720_108439.jpg


飲んでみたいと思う方はこちらからね。

平成元年醸造酒の詳しい説明です。


給料を多くもらって娘たちの成人式にお金をかけるより、古酒造りの資金に回したほうがよっぽど堅実でした。うむうむ。
[PR]
by shigeri.1008 | 2006-08-08 10:17 | だるまんが