だるま正宗のお酒としげりの日常


by shigeri.1008
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2006年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧

この前の日曜日

この前の日曜日に、横浜でお酒の会がありました。
中華街でいつもあるこの「君嶋会」は、横浜君嶋屋さんが主催されていて、お客様と蔵元合わせて300名近くも集まります。

d0005720_1716543.jpg


春の君嶋会に参加すると
「あぁ、今年も酒造りが無事に終わって、春が来たなぁ」
と思えるのです。既に私の中では風物詩になっております。

各テーブルには、そのテーブルに座っている蔵元のお酒を持ってきてもらえて、熟成三年と、平成10年貴醸造酒を味わいました。

d0005720_17185999.jpg



d0005720_1719254.jpg



よそのお蔵の酒もこういう機会で遠慮なく(いつもは遠慮しているのか?)飲めるし、とっても勉強になります。といっても、だんだん酔っ払ってくるので最終的にはよくわからないまま楽しいだけになるのが、私のパターンでございます。

今回、一緒のテーブルになった蔵元さんは「よ右衛門」「南部関」さんの川村社長さんでした。
とても気さくな方で、楽しくお話できました。他の蔵元さんと仲良くなれたり情報交換できたりするのも、こういう会のいいところです(^^) 

あ、このテーブルにあった天遊琳飲んでない。飲み忘れた。くやし~!
[PR]
by shigeri.1008 | 2006-03-30 17:30 | お酒の会
さっき整形外科から帰ってきました。

3日ほど前からどうも腰が痛くて、昨日我慢できなくなって整体に行ったんです。
今日は少しよくなるかなぁと思っていたら、ますます痛くなって息をしても痛い。

これは!

これは!ひどい病気かもしれないと思いました。

病気をすると、いろいろと悪い想像が頭の中をぐ~るぐると回ってしまうんだよね~。

だって、こんなに痛いなんて思わないから。
今まで腰痛持ちの夫が、腰が痛いといってもあんまりよくわからなかったけど、今回は今まで邪険にして悪かったと思いました。

で、午前中に整形外科に行ってレントゲンとってもらったら、特に骨に異常は見られないということで、「これはぎっくり腰でしょうね。」とのこと。

はい、この時点で 「ぎっくり」

ということはなくても、ぎっくり腰にはなるそうで、どこかで筋を違えたと言うことらしいです。
一週間くらいで治るってお医者さんも言ってくれたので、そうなると気が楽になり、なぜか痛みも少し減ってきました。酒造りも終わっているし、ちょっと家で静かに仕事しよう。たまにはゴロゴロしてもいいし。これ以上悪化しないようにおとなしくしま~す。
[PR]
by shigeri.1008 | 2006-03-28 12:54 | その他いろいろ
今日はちょっとお知らせです。

27日朝8時18分くらいから3分~5分。
CBCラジオで(東海3県)、日本酒のビンテージ古酒についてラジオ生放送が蔵から中継されます。お時間のある方はぜひ聞いてねっ!
[PR]
by shigeri.1008 | 2006-03-26 09:53 | その他いろいろ

大好きになりました。

QUEENが大好きになって2年ほど経ちます。

きっかけは、ロンドンのお酒の会に行ったときに、ロンドンのミュージカルを観に連れて行ってもらって、たまたま観た「WE WILL ROCK YOU」と言うミュージカルでした。

d0005720_16543019.jpg


その時は、あまりQUEENのこと知らなかったのです。あまりと言うかほとんどですね。でも、すごくそのミュージカルが楽しかった。その時はそれくらいで終わったんです。

それで、今度は東京の丸の内の地下鉄に乗る為に、歩いてたらワゴン販売のCD屋さんが出てて、そこにQUEENのベスト版が非常に安い値段で売られていたので買ってみたんです。
そしたらね~、それがまたすごく良くてね~。感動した。

そんで、ロンドンで観たミュージカルが、新宿コマ劇場でやっているというので、夏に出張のついでに観にいってまた感動。

そこに、まるで私のためのようなQUEENの再結成。日本公演。

d0005720_16591626.jpg


ナゴヤドームに観にいきました。
フレディーは亡くなってしまったけど、ポールロジャースもかっこよくて感動。
というわけさ。

まだ全部のアルバムを聴いた訳ではないけど。
ホントに大好きだぁ。と思います。
[PR]
by shigeri.1008 | 2006-03-23 17:01 | クイーン大好き
この前の日曜日、東京は新宿のセンチュリーハイアット東京にある

「酒肴 おんぼらあと」さん主催の日本酒セミナー、
第16回「達磨正宗 古酒を楽しむ」

に講師として参加してきました。久しぶりの出張、久しぶりの東京ということでドキドキしていたら、すんごく風が強い日で、思わずよろけてしまうほどでした。あとでニュースを見たら、瞬間最大風速が東京でその日33メートルもあったそうで、そんなん台風やんか!と思ってしまった。

ま、それはおいといて、

古酒用仕込み新酒から10年古酒まで、4種類のお酒が注がれたグラスです。
d0005720_1650465.jpg


古酒は色も美しくて判りやすいので、今回は最初からブラインドのきき酒でなくて銘柄もお知らせしてのセミナーにされたそうです。そうですよね~、分かりすぎ。

お客様は、28名でその中には私のメルマガを読んで参加してくれた方もふたりいらして、知った顔があってとってもうれしかったです。

皆さん、「おんぼらあと」さんのお料理を食べながらそれぞれのお酒をきき酒していきます。
私のグラスにも注いでもらい、一通り飲みました。
自分で言うのも変だけど、ホントに美味しいね~。なんだかうちで飲むよりも美味しく感じたのはなぜなんだろう。グラスのせいかな。温度かな~。お料理が美味しいからかな~と思って飲んでました。

でも、せっかくきてくださった皆さんともお話したいので、それからはお席に回ってお一人お一人とお話をしていたら、あっという間に時間が経ってしまいました。
d0005720_16544471.jpg


皆さん、ほとんどの方が古酒の経験者ということでいろいろ知ってるなぁ、勉強なさっているなァと感心しました。古酒の評判も上々だったのでうれしいなぁ。

さて、最後に(写真はないけど)昭和59年醸造酒が出されました。

おんぼらあとさんで、いろいろ考えて作ってくださった、クリームチーズの味噌漬け!

d0005720_174411.jpg

これって、真面目に美味しかった。私も今度やってみたいと思います。二日くらい味噌につけたそうです。ガーゼに包んであわせ味噌に入れるだけ(多分)。皆さんもやってみてねっ。
[PR]
by shigeri.1008 | 2006-03-22 17:04 | お酒の会
きょうはね~、ちょっとお酒とは関係ないのですがね。

この前のメルマガにも書いたけど、今度小学校のPTAの役員と言うのが回ってきた。
小さな学校なので、結構な確率でいろいろ回ってくるんだけど、

今度私に回ってきたのは、本部役員。

その名も


「運営委員」


決定するまでにちょっと揉めたこともあって、なんだか決め方がやだな~とか、
どうして自分にそんな役が回ってくるのかとか、げっそりしてたんだけど、よくよく考えてみたら


「これでいいのだ」


なんだよね。
このブログのタイトルでもあるわけですけど。



「バカボンのパパのファン」



というわけではなくて、
自分に起こるすべてのことをきちんと受け止めて、
怖気づくことなく前向きに対処していきたいな、
という気持ちから付いたタイトルなんですよね~。あ~、かっこいい。


それに、きっとPTAの役員をやっていくうちに、
いろんなお友達もできると思うし、
自分にとって役に立つことがたくさんあると思います。

それにこんなの思いついちゃったもん。


運営委員=運 えぇ 委員    (≧∇≦)
 ・
  
[PR]
by shigeri.1008 | 2006-03-18 17:07 | その他いろいろ

今日の夕方の番組で

お知らせが遅くなりましたが、今日の夕方のCBCテレビで、
達磨正宗の古酒が紹介されます。

時間は、午後5時~6時の間(ちょっと大雑把ですみません)
「ユーガッタCBC」という番組の中の

「岐阜市の旅」

というコーナーです。

いろんなところの旅情報を特集していて、今日は岐阜市の特集だそうです。
でもって、岐阜市の中で面白いところとして紹介されるのです。

東海地方にお住まいの方は、ぜひ見てくださいね~!
[PR]
by shigeri.1008 | 2006-03-16 15:06
今年も熟成古酒用の酒を仕込んでいます。

その中でもこれから長く寝かせるタイプ(一部は「未来へ」「私が育てる熟成古酒」として出荷)の新酒は、お米の甘みと酒母からくる豊かな酸味が特徴で、新酒の時から日本酒でないような味わいのお酒です。ワイン感覚で楽しめます。

ご予約もできます。
http://www.daruma-masamune.co.jp/kosyuyosinsyu.htm

このお酒は、2本のもろみを搾って合体させるので今2本目を搾るのを待っていて、15日にはタンクから合体したお酒を直詰めすることができそうです。

d0005720_20344444.jpg


こんなラベルです。

そして、酒粕もできました~。
淡墨桜純米酒の分は、すっかり売り切れてしまったので、待ってくれているお客様もたくさんいらっしゃいます。

d0005720_20355186.jpg


搾り機の圧を下げて、開くと、このように板粕が張り付いているのです。

これを手で切り離し(昨日のこの作業で上半身筋肉痛=筋肉マンへの道)て、板粕が出来上がります。

d0005720_20372571.jpg



ジューシーなので焼いたり、粕汁にしたりします。
冷え性、美肌、そしてナチュラルキラー細胞の活性化!などという利点もいっぱいある酒粕ちゃんは、人気者です。

うちのパートさんから教えてもらった、冷え性の方におすすめ、カンタンな甘酒の作り方を伝授しちゃいましょ~。

d0005720_2039068.jpg


まず、

1.好きなマグカップと、グラニュー糖、そして酒粕を用意する。
  (特にマツケンが付いていなくても問題はありません)

2.たまごくらいの量の酒粕を細かくちぎって、マグカップにいれグラニュー糖もいれる。

d0005720_20403427.jpg


そして、ラップでふたをして電子レンジのオート機能で温める。

3.そうすると、フツフツ言っているのがわかるので、しばらく様子を見る。
  粕と、砂糖が沸騰してあわ立ったら取り出して、熱湯を注ぐ。
  混ぜ混ぜすれば美味しい甘酒のできあがりぃ!

  お好みで砂糖を加減してね。

  あったまるよ!

  熟成酒用新酒や、酒粕のご購入もできま~す。
  http://www.daruma-masamune.co.jp/kosyuyosinsyu.htm
  
[PR]
by shigeri.1008 | 2006-03-13 20:48

串揚げの本 kushinobo

とっても美味しい串揚げのお店

「串の坊」

http://www.kushinobo.com

さんの、乾晴彦社長さんが今回出版された本



「kushinobo]



が送られてきました!

d0005720_11253880.jpg


d0005720_1126497.jpg


サイン入りです。

この本は、四季折々の串の中で38種類の串が、それにあう酒と一緒に載っていています。
オールカラーの写真集で、うちの熟成三年も載せてくださいました。
串揚げにあうお酒も、日本酒、焼酎、ワインなど本当に多岐に渡っていておなかが空いているときには辛くなる(胃酸がですぎる)。

本当においしそう。。。食べたいよ~。

d0005720_1129013.jpg


串の坊さんは、大阪をはじめ、東京にも店舗がたくさんあって、揚げたてで美味しいこだわりの串揚げを食べさせてくださるのです。私も一度恵比寿のお店でお昼ごはんをたべました。串が次から次へ揚がってくるのは、本当に楽しいですよね~。中は何だろう、と思いながら食べるのも楽しいし。

またこの写真集は、その串揚げの作り方や、お店の内装、器などにも触れられていて読み応えのある本です。興味のある人は是非呼んで欲しいです。美味しい串揚げが食べたい人も、ソースの作り方まで載ってるんだよ!必見。
[PR]
by shigeri.1008 | 2006-03-08 11:35

イタリアへの出荷完了!

達磨正宗1979年醸造酒が、本日無事イタリアに向けて出荷されました。
あ~、ちょっと肩の荷が下りた感じです。

このお話があって、ちょうど1年と2日。

素敵なラベルもできて、晴れの出荷となったのです。うれしい限りです。

d0005720_18162034.jpg



今までアメリカには輸出していたのですが、ヨーロッパは初めてです。それに中間に業者さんが入っていないので、送り状(インボイス)や原産地証明書なども自分でそろえました。本当にいい勉強になったと思います。

d0005720_18173474.jpg


夕べも書類の不備でイタリアにうまく届かないという夢・・・を見たりして、

「どうするの?俺!」 とどこかのCMのように目が覚めました。

案外自分は気が弱い人間だということを再確認した次第です。

明後日中部国際空港から、イタリアに向けて旅立つお酒ちゃん。本当に嬉しいです。イタリアでは、どんな人がどんなシチュエーションで飲んでくれるのかな。イタリア語で美味しいはなんて言うのかなぁ。

さて、今回うまくいけばもう輸出事務は任せてちょ~だい。

2回目もあるといいな~。← 気が早いって。。。
[PR]
by shigeri.1008 | 2006-03-06 18:22 | だるま正宗の古酒