だるま正宗のお酒としげりの日常


by shigeri.1008
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2005年 09月 ( 21 )   > この月の画像一覧

昨日、外に出たときに長良川河畔の鮎の老舗、泉屋さんに行ってきました。
私の大好きな、鮎ラーメンがあるのです。

泉屋さんとは、岐阜伝統食品の会でご一緒させてもらっていて
うちのメルマガでも以前ご紹介して大好評だった、鮎の熟れすしも
こちらのものなのです。

鮎ラーメンは、泉さんが丹精込めて焼いた鮎の開きがラーメンの上にのっているのですが、ラーメン自体も鮎から出るだしがちょうどよい具合になるように、つゆの味わいを研究してあります。ラーメンを食べ終わった頃、そのつゆをご飯にかけて食べると、鮎雑炊のようなお味でこれまた美味しい。

同じ伝統食品の会の、飛騨古川にある牧水舎さんの新商品のチーズがちょうどあったので、泉さんが炭火であぶって、塩コショウしたものを食べさせてくださいました。お餅のようなしっかりした歯ごたえと、それでいて風味豊かな味わいには、うっとりしました。
スカモルツァチーズというそうです。
このチーズも古酒と合うな~と思いました。

川原町泉屋さん、是非ともお出かけください。
http://www.nagaragawa.com
d0005720_1702570.jpg
d0005720_1704715.jpg
d0005720_1705897.jpg

[PR]
by shigeri.1008 | 2005-09-30 17:00

オリです。

d0005720_18111870.jpg

これが、瓶の底に溜まったオリです。これでもオリの部分ばかりを集めたものですから、大変貴重です。オリはお酒の中の自然なアミノ酸が長い時間のうちにゆっくりと沈殿してきた物なのです。以前の分析によると、上澄みの部分と、オリの部分のアミノ酸の対比は1対20という古酒もあり(うちの酒)ました。父は造る時にはあまり米を削らないで、時間でじっくりと洗練された味わいにしていくんだ、と話していました。
[PR]
by shigeri.1008 | 2005-09-27 18:11
コンサートに行くことにして、チケットを購入しました。

私にとっては、生まれてからこの方初めてのコンサートなんですぅ。
ま~、箱入り娘!

今回行くのは、11月の1日にナゴヤドームで行われる

クイーン + ポール・ロジャースの日本公演です。

去年ロンドンで、クイーンの歌が満載のミュージカル「WE WILL ROCK YOU]を見てクイーンファンになり新宿コマ劇場で、8月にもう一度みました。そして、今回来日公演にも行くことにしたんです。ボーカルのフレディが亡くなってしまっているのでそれはすごく残念なんだけど、やっぱり見に行くべきだと思いまして迷わず購入。S席。

ひとりで行くんですが、私は「ひとり」で行動することが非常に多い女でして、
ラーメンでも、餃子でも、お店でひとりで食べられます。

ということで、11月の1日はとっても楽しみ。
もちろん、このブログをみて一緒に行きたいという人は歓迎します。
[PR]
by shigeri.1008 | 2005-09-25 10:04

日経流通新聞の記事

日経流通新聞の「食のチャレンジャー」という連載をあるところで読みました。
新潟県長岡市の、住乃井酒造さんのことが書かれていました。

投資会社のスタッフサービス・インベストメントという会社が支援し
再建に動き出したという内容です。

「的中の酒 三連単」

新しいワンカップ酒の名前は、これだそうです。
東京競馬場周辺の飲食店へ納入も相次いできまっているとか。
電通さんが名付け親だそうですが、非常にうまいなぁ。と思います。

記事より
「2004年の日本酒の課税移出数量は5年前に比べて24%も減少しているので数字だけを見たら、投資に疑問符がつくが『多くの酒蔵は市場をみて商品をつくっていない。技術がしっかりしていれば、あとはマーケティングの巧拙が勝負を決める』とスタッフサービスインベストメンツの瀬川取締役」

『経営の傾いた酒蔵は、安く買えることも魅力』ともおっしゃってます。

きゃ~、やり手のみんなが襲ってくる!ホリエモン騒動はテレビの中だけ
のことではないのかもしれません。


マーケティングといえば、私が一番苦手とするところではないか。
だるま通信やら、小冊子やら作ってはいるけれどまだまだだし。

酒蔵は、地域で育ってきたので突然マーケティングとか、コンサルタントとか言われると

「騙されるんじゃないか?」
とドキドキしたり、

「今までどおり、田舎でのんびり暮らしてゆきたい。」
「いいものを売っていれば、景気がよくなれば必ず売れ始める」

など、待っている体制のところが多いです。
そりゃ、いろいろな挑戦をするのは苦労も多いし、どんなことが起きるかわからないから不安。
私も今まではそうでした。でも、やっぱり人間変わらなくちゃ、挑戦しなくちゃ!
と思い、日々是奮闘の毎日。空回りの日も多いけどね。

今は、素敵なガラス瓶を探してます。
お目当てのものがあったのですが、現在廃盤ということでがっかり。
ガラス瓶のことなら、私にきいてよ!という人がいたら声かけてください。
[PR]
by shigeri.1008 | 2005-09-24 14:27

感動屋

今日は、子供たちの小学校の運動会でした。

昨日がどんよりした天気で、今日の天気予報は曇りだったので、
そんなに暑くないさ、とタカをくくっていたら。

暑いやん。

すべて1クラスの小さな学校ですが、自分の子供だけでなく
全員が一生懸命走ったり、演技したりしているのを見ると、
なんだか、胸がじ~んとして涙がでそうになるときがあります。

自分で言うのも変ですが、



「感動屋」

 

だなぁ、と思います。
テレビなどを見ているときも、結構それはありまして
先日の選挙で、茨城県の衆議院議員で長岡さんというご主人が自殺してしまった
奥様が補欠当選されたときも、

「みなさますみませんでした~(泣)」

と小選挙区で落選して、謝っている時に

「比例で当選です!」

ということになり、娘さんたちと抱き合って大泣き。



その場面を見ていて、私ももらい泣きしてしまった。
ティッシュ使いまくり。

なんか、書いていて自分が馬鹿みたいなんですが。
ま、こういうことも欠点と思わず、情緒豊かということで
夢のあるお酒の提案の仕方に結びつくように、役立てていこっと。


何とか、文末を結べて、「ほっ!」
[PR]
by shigeri.1008 | 2005-09-23 18:11

昭和60年醸造酒

昭和60年、1980年のお酒はちょうど今年で20年になります。

ある会社から、20周年記念パーティのお酒に使いたいということで
ご注文を頂きました。

昭和60年は、やわらかさや味わいのやさしさで、私も大好きなお酒です。
20年のおめでたい席に、だるま正宗のお酒がテーブルに置かれること自体
とても光栄です。

最近、ビンテージ古酒の裏ラベルに、ご要望があればその年の出来事を
印刷するというサービスを始めました。

今日も裏ラベルを自分で作っていて、20年前の出来事を読んで
懐かしいというか、青春真っ盛りというか、感慨深いものがありました。

・つくば万博
・NTT誕生
・大鳴門大橋開通
・映画「ターミネーター」「愛と悲しみの果て」
事件は
「豊田商事事件」「日航機墜落事故」

私は17歳。彼氏もいなくて剣道ばっかりやってたっけ。
好きだった人の名前は今でも覚えてます。

最近、だんだんとビンテージ古酒のご注文が増えています。
やっぱり思い出っていいものなのですね。
[PR]
by shigeri.1008 | 2005-09-22 17:31

出張のときに

先日の東京出張の際、代々木上原の「さかな 幸」(さかなこう)さんに
お邪魔してきました。

代々木上原は、私が農大の研究生として東京にいる頃小田急線や、千代田線で
しょっちゅう通過していたところなのですが、降り立つのは初めてです。
高架下のショップ街を新宿方面に歩き、突き当たりの本屋さんを左に折れて坂を下ると
あ、ありました。「さかな 幸」さん。

女将さんの大久保さんは、以前長期熟成酒を楽しむ会にもご主人といっしょに来てくださって
古酒を真剣に扱っていこうとしてくださっている方なのです。

でも、女将さんといってもとってもまだ若くて、
私よりもだいぶ若いのではないかしら、と思います。
お店を自分で切り盛りしてらして素晴らしいです。

こちらのお店は、「さかな幸」というだけあって、昼間は魚屋さんも
やっているそうですよ。

新宿からも小田急線ですぐですし、是非皆さんも行ってみてください。
そうそう、だるま正宗の平成10年ベース、昭和63年ブレンドの
「さかな 幸」ブレンドも飲めますよ~。

東京都渋谷区西原3-21-2
電話 03-3469-0359
営業時間 18:00~1:00
定休日 日曜・祝日
交通手段 東京メトロ千代田線、小田急小田原線代々木上原駅より徒歩5分
http://gourmet.yahoo.co.jp/gourmet/restaurant/Kanto/Tokyo/guide/0401/C0000000521.html
[PR]
by shigeri.1008 | 2005-09-20 16:06

ひさびさの読書

私は本を読むのが好きです。

子供の頃から好きでしたが、高校、大学時代はちょっと本から遠ざかっておりました。
そんな時、きっかけは忘れてしまいましたが、手に取った本が三浦綾子さんの

「氷点」

でした。

あの物語の深さに圧倒されて、10回くらいは今までに読み直してます。
「氷点」を読んでから、読書好きが再燃しました。

子供たちが赤ちゃん~3歳くらいまでは毎週のように図書館に通って
宮部みゆきさん、林真理子さん、吉村昭さん、唯川恵さん、小池真理子さん、その他
いろいろな方の本を読みました。
子供たちが寝付いてから、好きな本を読むと、日頃の子育てに追われる日々から解放されて
本の中の世界に入り込むことができました。

そして、本格的に仕事に復帰してからはマーケティングの本が面白くって
・藤村正宏さん ・神田昌典さん などなど目からウロコの考え方を知り
どんどんと実践して、仕事に活用してます。しばらくは、小説は読んでませんでした。

先日、東京で中央線に揺られていると電車の中吊り広告で
「半落ち」 横山秀夫著 の文庫本発売を知り、さっそく購入。
東京は、ほしいと思ったらすぐ本屋さんがあるのがうれしいですね。

帰りの新幹線の中、そしてうちに帰って本に没頭しました。
読み終えてからの、爽快感(内容的に特に気分爽快というわけではないのですが)を
感じました。悲しい物語ではあるけれど、悲しいばかりではない。そんな感じです。

横山秀夫さんの著書は、初めて読みましたが、ファンになりました。
これから読書の秋ですし、楽しみが増えました。

ただ、本を読みすぎると仕事が滞るんですよね~。9月決算だし。
ジレンマは続くよどこまでも。
[PR]
by shigeri.1008 | 2005-09-19 09:49
d0005720_1228159.jpg

d0005720_1228167.jpg

幸せな気分になれるよ。詳しくは、下の文章を読んでね!
[PR]
by shigeri.1008 | 2005-09-18 12:28

東京出張

木曜日、金曜日と東京出張でした。

木曜は京王プラザで問屋さんの試飲会に出席。
お世話になっている酒販店さんや、蔵元さんとお話できてとっても楽しい。
小冊子が出来上がったので、知り合いの人に配りました。

そして、夕方からはお楽しみの飲み会へ。

ちょうど一年前にロンドン君嶋会でご一緒した方と、上京の際は結構飲んでます。
日本酒関係だけでなくて、いろんな料理やワインにも触れられて楽しいし、
皆さんとっても素敵なのです。

15日に連れて行ってもらったのは、銀座一丁目にある、
スパニッシュグリル、EL CELDO(エルセルド) さん。

 東京都中央区銀座1-9-14 広徳ビル1階
     03-3567-2766

オーナーの阿部さんとは、お友達の紹介で6月の横浜のワイン会で
お知り合いになりました。ここのデザインは私のお友達のデザイナー、
槇さんが手がけていてとっても素敵。

総勢5名の集まり(あとでもうひとり参加されて6名に)で
わいわいと楽しみました。

お料理の写真は上にあります。(携帯の写真なのであまり綺麗じゃないけど)
ちょうどその日に仕入れたという、いろいろなキノコと上質のハムを炒めたものや
(こうやって書いていると、やっぱりメモしとけばよかったと思う。
でも、その場では楽しいばかりでメモなどする気は全く無い)

生ハムの盛り合わせは、ドキドキするほどいい香り
ハモンイベリコは、ワインやシェリーによく合うし。

実はその日、特別に「shigeri 5-01」を持参していったので
無理を言って(知り合いのお店だから出来ること)少し冷やしてもらって
みんなで飲みました。

shigeriは、平成2年の本醸造酒を平成8年にアメリカンオークの新樽に
6ヶ月間入れて、樽香をつけたものです。田崎真也さんとの共同開発の商品ですが
あまり数量がないということで積極的にはご紹介していません。サイトにも
載っていないので、興味のある方はメールください。500mlで4200円です。

shigeriは、私の名前ですが、ちょうど蔵を継ぐ時に商品化されたので
田崎さんが「お嬢さんの名前にしましょう」と言ってくれたのです。

皆さん、shigeriの味わいをとっても誉めてくれました。
私も手前味噌になりますが、久しぶり飲んだshigeriはすごく落ち着いた感じで
色も程よい黄金色、樽の香りもかぐわしく本当に美味しかった。
大切に売って行きたいお酒です。

ということで、その日は11時半にお開き。
次の日は、小冊子を持って数件のお得意様(料飲店さん)に足を運びました。

又続きは明日。
[PR]
by shigeri.1008 | 2005-09-18 12:12