だるま正宗のお酒としげりの日常


by shigeri.1008
カレンダー

<   2005年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧

プール当番

今日は昼から小学校のプール当番です。

ぴっかぴかの晴天じゃないので、あまり暑すぎるよりいいけれど、
子供たちが、気持ちよさそうに遊ぶのを、プールサイドで監視するのは
拷問に近いな。。。

私も水着に着替えて、遊びた~い。
けど、今度は周りの人にとって拷問になるな。。。

夏休みの思い出は、中学生の時。

毎日のように長良川のテトラポットの上で
深いところにもぐって魚を追いかけたりして遊んでました。
楽しかったな~。

最近の長良川は、鮎も減ってしまってさびしい限り。
美しい川を守るのは、地元の私たちの仕事でもありますね。



最後に、母親仲間が読んだ俳句

            夏休み 昔はうれし 今悲し
[PR]
by shigeri.1008 | 2005-07-29 12:00
ヤフーの中日新聞のニュースに

「電解数秒で年代ワイン誕生 イノベーティブ・D&Tが開発」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050722-00000012-cnc-l22

とありました。
そういう装置を浜松のベンチャー企業が開発して、アメリカのある製造場では
導入されたそうです。これから世界進出を目指すとか。

それがもしもうまくいけばきっと日本酒の古酒も数秒で出来るように
なるんだろうな。。。
な~んてね。
[PR]
by shigeri.1008 | 2005-07-27 10:45

南部杜氏講習会

今日から岩手県石鳥谷で毎年恒例の
「南部杜氏講習会」が行われています。

3年前から、うちの杜氏も参加しています。
酒造りについての授業などももちろんいろいろあるのですが
他の蔵の杜氏さんや、蔵人さんたちとお話したりすると
自分だけで考えていただけではわからないことが

「あ!そうだったのか!」

とひらめいたり、わかったりする。
と言っていました。

なかなか普段外に出ない彼でありますが
(私が出さないわけではないのよ)

この機会にいろんな人とお話してきて
次の造りに生かしていって欲しいと思います。
[PR]
by shigeri.1008 | 2005-07-26 16:35

日本酒教室で

土曜日に東京に行ってきました。

今回は、田崎眞也ワインサロンで日本酒の授業を受け持っている
横浜君嶋屋の君嶋社長さんに呼んでいただいたのです。

蔵元探訪という授業でした。
うちのお酒、いろいろ6種類をまずはブラインドできき酒してもらい
その感想を生徒さんが述べていくのです。

当日いらした生徒さんは14人ほどだったかと思います。
皆さん非常に語彙が豊富で、熟成温度や精米歩合、アルコール度数なども
当ててしまう方もけっこういらっしゃいました。

授業中に、ぐらぐらと地震が来てとっさにグラスを押さえてしまった私です。

授業が終わった後は、「れくら」で蔵元を囲む会をやってくださいました。
15名くらいの方が来てくださって、「澤屋まつもと」の松本庄平さんが腕を振るって
うなぎを料理してくださいました。松本さんは幻の料理人といわれる方なんです。
古酒に合うようにうなぎだったのですが、今回特にうなぎの白焼きが美味しかったです。
程よい油っこさが、熟成古酒にとてもあって、口の中でふわっととろける感じでした。

他にもビールにちょっと細工をして、すばらしいベルギービールもどきに
変身させたりして楽しみました。
この件については、メルマガで書きたいと思ってます。
(最近サボってます。ちゃんとやります。はい。)

皆さん楽しんでくださったようで、私もホントにうれしかったし
このような会に呼んでくださった君嶋社長にも感謝です。
[PR]
by shigeri.1008 | 2005-07-25 23:00

富山にGO!

昨日は富山に行ってきました。

朝の6時に家をでて、10時に富山市の岩瀬浜海水浴場に着きました。
夏休みが始まったばかりの子供たちは、大喜びで海水浴やら砂遊びを
していました。私も一応水着になったのですが、ココに掲載するとアクセスが
集中してしまうので、掲載は見送ることにしましたっ!(笑)
その後、満寿泉さんのお蔵見学に行きました。

昨日は第三木曜だったので満寿泉さんの月例きき酒会の日。
わが達磨正宗でも3ヶ月に一度くらい、このような試みをしてみたいと思っていたので
その参考にと見学に行きました。
知り合いの(このブロクも見てくれている!)お酒屋さんにも会えてうれしかったです。

生憎、満寿泉さんといえば!という専務さんがご不在だったのですが
満寿泉さんの若手のホープで、女性蔵人の池田さんが丁寧に案内してくれました。
彼女もうちの蔵に2回ほど来てくれたこともあるのです。

子供たちが海水浴で疲れていたので、
「暑い」とか「眠い」とか、その上じゃれるしうるさかったのですが
しかりつけたり、なだめたりして楽しく見学させてもらいました。

最後に、5タイプのきき当てコーナーでは
うちの寿さんが見事全問正解!えがったえがった。

その後、蔵から100メートルほどのところにある 田尻酒店さんに行きました。
田尻さんとは最近お取引が始まったのです。

その建物は、古い蔵、それもめっちゃ大きい蔵を改装したもので
とっても素敵です。お酒も、満寿泉の今まで見たこともないようなビンテージとか
「カメ一号」などがありまして、2本ほど買ってきました。
満寿泉ファンの人は必見です、ぜひお出かけを。
http://www.tajirisaketen.co.jp/

皆さんのおかげで、とっても中身の濃い一日となりました。
[PR]
by shigeri.1008 | 2005-07-22 11:15

富山の写真です

d0005720_1113360.jpg

d0005720_1113332.jpg

d0005720_1113329.jpg

[PR]
by shigeri.1008 | 2005-07-22 11:01

東京は暑かった!

昨日は一日東京出張でした。
某百貨店さんグループのバイヤーさんたちの前で商品の説明を
するのですが、本当に緊張します。

どうしてなんだろうな~。

最近は人前で話しても、そんなに緊張はしないようになったのにな。
質問を受けたりしてるうちに、落ち着いてくるのですが。。。
その後、新宿の紀伊国屋書店で、本を見ました。
それにしても、東京は人が多いな~。
エネルギッシュで。

明日は、富山に行く予定。
富山の満寿泉さんの月例きき酒会を見に行ってきます。

午前中は子供たちを海で遊ばせます。
私も久しぶりの海、わくわくします。
[PR]
by shigeri.1008 | 2005-07-20 09:15

タイの少年の大発明!

今日の朝、おはよう日本のアジア&ワールド(多分)で

「蚊を退治するための、簡単な装置をタイの少年12歳が発明!」

というニュースをやっていました。

どんな発明だろうか?それもカンタンに? と見ていると
ペットボトルを組み合わせて、水の中に沈ませるとボウフラがその中に入ってきて
出られず、それを退治するというものでした。

どうやら、ペットボトルの中身の水は、周りの水よりも少しずつ温度が上がるようで、
水温の高いところを好むボウフラが、どんどん入ってくるそうです。

「蚊を退治する」というから、蚊そのもののことを考えましたが、ボウフラを退治すれば
蚊にはならないわけだし、流行しているデング熱も沈静化できます。

すごい子だな~。と思いました。
水中のペットボトルにボウフラが入っていくのをみて思いついたそうです。
なんでもないような出来事を、今の問題と結びつけた彼のすばらしさに脱帽です。

彼は今度はハエを退治できる発明を考えているんだとか。。。楽しみ!
[PR]
by shigeri.1008 | 2005-07-15 14:10
掲示板でも申しましたが、サイトをリニューアルしました。
見てくださいね~。
画像が出てない!リンクできん!などの苦情も受け付けてまっする。

お酒の写真を綺麗に撮り直したのですが、
管理人(わたし)の写真は、撮り直してないのよね。
でも、もとがいいからさっ!十分よね。(暴走)



この前、3日くらい前ですか、道路公団の天下りの人たちや〇川島〇磨重工などなどが
談合して、落札価格を吊り上げていたという事件で、数人が逮捕されましたよね。
本当に、自分のことばっかり自分の会社のことばっかり考えてるな。と思います。

私を含めて、「けしからん!」と思っている方は多いと思います。

その日のニュースで

「談合」

「談合」

「談合」

「だんごう」

「だんごぅ」

「だんご」

「だんご」

「だんご、だんご」

「だんご、だんご、だんご、だんご、だんご3兄弟っ♪」


って、この歌が頭から離れん!何とかしてくれえ!
逮捕された人たちの、TVに映し出されたお顔がメロディにあわせて頭に浮かぶし。
振り払おうとすればするほど流れるメロディ・・・。あ~、もうだめ。
[PR]
by shigeri.1008 | 2005-07-14 09:49

平成元年のお酒

平成元年は、私が成人式を迎えためでたい年でした。

ちょうど昭和天皇の崩御されたころで、当時付き合っていたボーイフレンドの
アパートで、大葬の例を見たことをなぜかよ~く覚えています。懐かしいわ~。
(若かぁったあの頃~何も怖くなかぁった~♪BGMとしてどうぞ。)


さて、

毎年毎年古酒を造って、せっせと溜め込んでいたあのころ。
売らずに造るばかりの経営が楽なわけはなく、
妹は、「トロ」という高級魚がいると信じていたあのころ。
遠足で行った水族館で、トロを探して皆に笑われたかわいそうな妹。

私も成人式を迎えるにあたり、友達が
「振袖作ってもらったわ~。」
「私は借りたよ。あのフワフワの白い襟巻きも!」
と言い始めました。

12月に入り、原料米はどんどん入荷。
支払いも発生します。

「あの~、成人式の着物は。。。」

と尋ねると

「今年も古酒用の酒を造るし、着物にかける金はない。無理やな。」
と父にあっさり言われました。

「ま、仕方ないわ。」

フワフワの襟巻きだけでも~!と思いましたが、私も聞き分けのよい娘時代。(今は?)
素直に言うことを聞きました。

成人式には、母の訪問着を着せてもらいましたが
振袖の友達がうらやましかったことは事実です。

でも、あれから17年。(あ、年ばれたさ)

平成元年に造った酒は、めっちゃいい酒になりました。
今は市場にも出回ってます。
振袖よりも価値ある味わいになったと思います。
[PR]
by shigeri.1008 | 2005-07-13 09:27