だるま正宗のお酒としげりの日常


by shigeri.1008
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:だるま正宗の古酒( 66 )

達磨正宗がドイツの高級紙「フランクフルターアルゲマイネ」日曜版に載りました。

というのも、このブログでもご紹介しましたが、
ちょうど1年くらい前に、イギリス人でドイツ在住のワイン評論家ピゴー氏が蔵を訪問してくださいました。その時の記事はこちら

古酒をとても誉めてくれて、取材して帰っていってくださったのですが、今回ドイツの新聞の日曜版に、達磨正宗の古酒について書いてくださったのです。うれしいな~。

ちょっと小さいですが、新聞のコピーです。

d0005720_10304335.jpg



弊社のドイツ取り扱い店でのUENOさんが送ってくださり、訳もしてくれたのです。
上野さんありがとうございます。以下が記事の訳です。

---------------------------------------------------------------------------------------------

はじめて日本酒を飲んだ欧州人は大概、ぶどうから作られたワインと日本酒の味わいの違いの大きさに驚き違和感を感じる。酒は若いうちに飲みきるということだけではなく、色も透明無色でワインとは異なる。しかし日本には忘れ去られそうになった古酒の伝統があり、その味わいのほうが我々にとっては親しみやすいものだ。古酒の伝統は19世紀の酒税法改正により風前の灯火であったが、100年の空白を経て個々の蔵元が古酒を復活させようと果敢に挑んでいる。当時の製法を伝える文書や保存された古酒はほとんどなく、忘れられた味わいを再現させるためには大変な労力と時間がかかる。そんな現代の古酒製造の中でも指導的な立場にあるのが、岐阜市にほど近い白木家の達磨正宗である。この醸造所を現在担っているのは非常に明るくオープンな白木しげりさんで、この個性的な酒に新しい需要を喚起することに成功している。もちろん彼女の父親が貯めた古酒を活用できるという幸運があってのことだが。

1,8L瓶に入った酒は敷地内のコンテナに蓄えられ、夏は近くの小川から引いた水コンテナごと冷やされるものの、季節の寒暖の差が古酒の熟成に大きく貢献しているようだ。味わいは年とともに力強く複雑になってくる。1979年ビンテージ古酒は絶品で、ナッツやカラメル、バルサムの深いアロマ、力強いボディと繊細な甘みは同年代のタウニィポートの最高級品を思わせる。醤油に少し似た感じのうまみのニュアンスがあり、ワインに比べて酸味が非常に少ないのが特徴的である。もちろんこの酒は希少価値のあるもので、200mlで169ユーロである(輸入販売UENO GOURMET Tel. 06173-976852)。

香りの複雑さは1979ほどではないが味わいがしっかりして渋みも効いているのが達磨正宗10年古酒である(720ml 、128ユーロ。同様にUENO GOURMET)。また神秘的な熟成の過程を知りたい向きには3年、5年、10年ものの180ml瓶を詰めたセットをお勧めする(3本セットで68ユーロ、UENO GOURMET)。

---------------------------------------------------------------------------------------------


ということで、とっても誉めて書いてくれて、
私のことも非常に明るくオープンだと(^^)

あの時は、外人さんを前にしてシャイな滋里ちゃんだったはずだが。。。


とにかく、ドイツでもうちのお酒が販売されるようになってとっても嬉しく思っています。ドイツにいらっしゃる日本人の方はもちろんのこと、ヨーロッパの方にも古酒について知ってもらえたら本当に嬉しいです。

ドイツでの達磨正宗の購入は

UENO GOURMET GmbH さんにお問い合わせくださいねっ。
ホームーページはこちらです。
http://www.japan-sake.de/
Tel. +49(0)6173-976852, Fax +49(0)6173-940687
E-Mail info@japan-sake.de, www.japan-sake.de

Bahnhofstrasse 7A, 61476 Kronberg, Germany
Geschaeftsfuehrer: Yoshiko Ueno-Mueller, Joerg Mueller
Registergericht: Koenigstein Ts., HRB6628


追伸

新聞の挿絵が何だかわからず、ず~っと考えていたのですが、どうやら古酒を貯蔵するコンテナに水をかけている絵だとわかりました。

隣のおじちゃんは父か? 面白い挿絵です(^^)
[PR]
by shigeri.1008 | 2008-04-11 10:33 | だるま正宗の古酒
今年もこの季節がやってきました。

ふとした思い付きではじめて、はや4年。
毎年楽しみにしてくださるお客様も増えました。

今年もやります

「ゴロゴロ寝正月セット」 2008年バージョン


d0005720_16502217.jpg



このセットは、家でお正月をゴロゴロ過ごす人のために考えたセットです。

今年は
・お酒を飲み、おせちなどをいっぱい食べる。
・その後多少は胃腸がもたれてくる。
・そんな時、蒟蒻を湯がいて味噌をつけたり、お鍋に入れたりして食べる。
・胃腸が掃除されてさっぱりする。
・またお腹が空いてくるので、飛騨のラーメンを食べる。
・ご飯党の人は、卵かけご飯を食べる。
・甘いものが欲しくなる。
・玉井屋の味噌松風でお茶を飲む。
・お子様はバニラアイスクリームを買ってきて、アイスクリームにかける醤油をかけて食べる。

とまぁ、こんな具合に考えてみました~。


全部岐阜のものばっかりです。
岐阜県民のあなた!

岐阜に一度も来とらっせんあんた、それか岐阜の存在感がうすいもんで、どこにあるのか正確な場所も知らんというあんたも、いっかいは食べてみぃ~(岐阜弁)

ということで、1回ホームページ見てみや~(^^)  ↓↓↓

こちらをクリックしてみや~(^^



今日もブログランキングのクリック押してぇね。



[PR]
by shigeri.1008 | 2007-12-07 16:55 | だるま正宗の古酒

懸垂幕デザイン

以前、このブログでもご紹介した、初めて作る

「達磨正宗 懸垂幕」

デザインができました。


d0005720_2213252.jpg


900ミリ×1600ミリで、上と下に棒が通せて掛けられます。


結局お顔が入って、ちょっとマンガチックで可愛くなりましたが、現在15枚頼んで準備中です。
多分1枚13000円前後かと思います。

今までご注文されている方以外で、欲しい!(ちょっとでも欲しいと思ったら買おう)と思った人はぜひとも私めまでご連絡を! koshu@daruma-masamune.co.jp

・酒販店さん
・居酒屋さん
・それ以外の人。
 (業務用には使わないが達磨正宗が好きでカーテンにしたい人)

大歓迎で~す。
[PR]
by shigeri.1008 | 2007-11-30 22:15 | だるま正宗の古酒

お知らせ~とお詫び

というか、すみません。
ビンテージ古酒のリニューアル&値上げの件ですが、
最初は11月よりリニューアルって、お知らせしてたのですが
バタバタしているうちに、11月に明日からなってしまいます(^^;)

ですので、12月からのリニューアルということで
お知らせしていたのですが、私のメルマガでは一部日付が間違っていたみたいです。
あ、私が直してなかっただけなんですけどね。


「どっちなんですか?」
「11月末と12月末では軍資金が違ってくるよ~」


などというお問い合わせを頂いたりして(^^;)
たいへんご迷惑をおかけしました。

12月から(1月にずれ込まないようにします)のリニューアルになりますので
よろしくお願いしま~す。

あとは、写真を撮ってホームページビルダーちゃんで作るのみ!
(う~むそれが一番たいへんかも)

でも外注するとめっちゃ高額だし・・・。
女の意地で、ここは一発自主作成しようと思っております。

今度はビンテージ古酒専用サイトのドメインも取りました。
www.daruma-vintage.com で~す。(あ、まだ見れません)
ここで、より多くのお客様に達磨正宗の古酒を知ってもらえればと思ってます。

このブログを読んでもらっている、素敵なあなたは、
11月いっぱいは、今までの価格で買えますので、
欲しい古酒があれば是非、今のうちが買いです。(押し売りか!)

さっき、このブログの機能に
「文字色をつける機能があることに気がつきました」だから今日は、いっぱい色が付いてカラフルなんですね~。

今頃気がついた自体、アホですね。

ブログランキング 今日もぜひポチッとお願いします!



[PR]
by shigeri.1008 | 2007-10-31 06:19 | だるま正宗の古酒

イタリアへ輸出

この前の土曜日、26日に達磨正宗2006ビンテージ500mlが、
1200本イタリアに出荷されていきました。

d0005720_1735068.jpg
イタリアへ古酒が輸出されるのは、二回目です。
7年ほど前にまず父がフランスで知り合い、私もたいへんお世話になっているケイコ&マイカさんが取り持ってくれたご縁で、イタリアのVELIERさんが輸入してくださいます。

私も昨年、トリノのスローフードに行って達磨正宗のサロンをさせていただいた時に、ケイコ&マイカさんにジェノバにも連れて行ってもらって、VELIERさんにご挨拶に行きました。
(といっても、イタリア語もフランス語もわからないので、場の雰囲気を見てただけ)

こだわりのワイン(トリプルA)にこだわっている、会社で社長さんの情熱たるやすごいものがあります。とにもかくにも1200本という量は今まで海外に輸出する中でも始めての量ですから、無事にあちらに到着するまではちょっと不安ですが、何とか無事に着いてね~!と見送りました。インボイスや原産地証明などの書類も揃えて(これも自分で揃えたのでドキドキ)、不備がないように祈るだけです。

d0005720_1741435.jpg


イタリアに行ったら、どんなところで提供されるのかな~。

本当にいろんな方々にお世話になって、実現した今回の輸出。
これからも続くように、私自身も努力していきたいと思います。

ブログランキングに参加してます

今日もポチッとよろしくお願いしま~す。




[PR]
by shigeri.1008 | 2007-10-29 17:06 | だるま正宗の古酒
4月からコツコツとやっていた、ビンテージ古酒リニューアル。
やっとラベル・ボトル・箱などなどすべて揃いまして、
12月の発売に向けて追い込みに入っています。


d0005720_1332079.jpg



今までのビンテージ古酒のままで、どうしていけないのか?
と言う声も聞かれましたが、

・贈り物としてお買い上げいただく方がたいへん多い。
・貴重なものなので、重厚な感じのパッケージにしたい。

などなど、ずっと前から思っていたので実行したわけです。

そして、価格もここ数年ずっと据え置きだったので、今回けっこう思い切って値上げさせていただきます。来年は20年目を迎える平成元年酒が500mlで1万円。200mlで4000円と、これが軸の価格でして、このお酒を中心にもっと熟成が進んで美味しく貴重なもの、もう少し若くて買いやすいものなどいろいろあります。
(値上げするのはビンテージ古酒のみです。熟成三年・5年古酒・10年古酒等は変わりません)

値段も大切ですが、やはり私としては貴重な古酒を買っていただくにあたり、お客様に十分満足していただきたいと思っています。ただ、時間が経ってしまって古くなった酒ではない、バランスの良い熟成をして、お食事や食後に十分美味しく召し上がっていただける酒を提供していきたいと強く思っています。



パッケージのデザインは、3年前にロンドンで行われた君嶋会でお会いした、
バードウェルデザインの槇さんにお願いしました。

d0005720_1333332.jpg

槇さんは普段はレストランのデザインを多く手がけられており、日本酒のラベル・パッケージは多分始めてしてくださったと思います。それだからこそ、今までの日本酒の概念にとらわれず、斬新で素敵なパッケージが出来たのだと思います。本当に槇さんありがとうございました。

他にも、素敵な瓶をいっぱい扱っていらっしゃる瓶商さんに紹介をしてくれた、富山の先輩蔵元。いろいろとアドバイスをしてくださる同業者のみなさんや、酒販店のみなさん、いつも見守ってくれる家族にも感謝しつつ、無事に発売できるようにあとひと頑張りです(^^)


11月いっぱいは、今までの価格で、720mlと360mlを販売しますので、
こちらのページが現行のビンテージ古酒です。現行価格のうちに手に入れたい!と思う方はぜひお早めにどうぞ。


ブログランキング 今日もぜひポチッとお願いします!




[PR]
by shigeri.1008 | 2007-10-23 13:14 | だるま正宗の古酒

しげり in NY その4

しばらく書かないうちに、すっかり記憶が遠のきつつある。

NYに行って、JOY OF SAKE に参加し、お得意様に挨拶し、メジャーリーグを見に行って、ジャズクラブに行って。楽しい楽しいNYだった。

さて、次の日は最終日。

今日もバリバリ行ってみましょ~。
ということで、朝早くから(ゆっくりしてると混むの)でかけちゃったのは、


「自由の女神」
d0005720_1524493.jpg


船に乗っていくのだが、セキュリティーが厳しくてびっくり!
9.11があったからそれも仕方ないと思う。

それにしても、当日は本当によい天気でホントに気持ちよかった。
写真を送ってくれたある方のメールより抜粋。

-----------------------------------------------------------------------

>ところで、どの写真を見ても滋里ちゃんが一番楽しそうです。
>解き放たれた主婦の行動を見てしまいました。

----------------------------------------------------------

う~む。私が一番楽しそうだと?。。。
確かに楽しかった。

解き放たれた主婦の行動って、ちょっと危ない感じだけど、
とくに変な行動はしてませんので、ご安心ください。

解き放たれたのか、放し飼いなのか、放牧なのか、と考えてみる。。。


と、話がずれたので、元に戻します。

自由の女神を見て、それから移民資料館?に行き、朝ごはんがまだだったので、ハンバーガーを食べる。でも、私は今回アメリカの普通のハンバーガー等は、半分も食べられなかった。
まず、パンが堅い。。。アゴが・・・・、疲れる。うちに帰ったら2キロほど痩せていたほど。


それから、お土産を買う為に、5番街に行った。
ここには、世界中のブランドが集まっている。

今回、留守番している夫(いつも留守番か)に、お土産を買わないとまずいので、ぼろぼろだった彼の財布(12年前の新婚旅行のニュージーランドで買った)を思い出して、財布を買うことにした。一緒に行った、蔵元に男性の財布は何が言いか聞いてみたら、いろいろ教えてくれたので参考になったけど、私の予算が低すぎて「白木さんケチ!旦那さんがかわいそう!」と言われる。それで、今回は清水の舞台から飛び降りたつもりで、グッ○の財布を買った。
きっとよい財布を持っていれば、お金も溜まるだろうという祈りを込めて買ったのだ。

帰って彼に渡した。

「ほ~!」と喜んでいたけれど、

「もったいないからすぐには使わない」

とのこと。だから溜まらないんだよ(泣)


また話がずれました。


買い物を済ませ、急いでホテルに帰って、着るつもりのなかった着物を着る。
もう、JOY OF SAKEを終えて、お遊びモード(おい)に、突入していたわたしは、着物を着るつもりが全くなかったのだ。これも某蔵元に「白木さん、仕事だからね。」と教えられる。


ここがMEGUさんの玄関で~す。
d0005720_15192719.jpg


今回は、古酒会さんの主催で長期熟成酒研究会の協賛のもと、19種類の古酒を約20名のお客様に楽しんでもらいました。JOY OF SAKEの時とはまた違って、ゆっくりといろんなお話が出来たのでよかったですし、ドイツからもわざわざ参加してくれたお客様もいて、知り合いのかただっだし、思わぬ出逢いにびっくりしたり(^^)。

d0005720_1522936.jpg


d0005720_1524812.jpg


古酒に合うお肉や、チーズなども出て日本酒の古酒の魅力を楽しんでいただけた会だったと思います。この古酒会の勉強会は、もう何回も行われていて、古酒の海外での可能性を感じることができました。

とりあえず、今日はここまでにしておきます。
ちょっとこれから用事があるので(^^)

ブログランキングに参加してます。

よろしくお願いします。 




[PR]
by shigeri.1008 | 2007-10-21 15:17 | だるま正宗の古酒
ということで、岐阜市の姉妹都市のブラジルはカンピーナス市の方が、
17日に蔵に見学に来てくださいました。

姉妹都市ということで、市役所の方も随行しての蔵見学です。
皆さん熱心に蔵見学をしてくださいました。

酒蔵のタンクや壁なども珍しかったようで、いろいろと質問もいただきました。

途中で、直径一センチくらいの石ころを後で蹴って、肩に乗せたりしている男性がいたので、

「器用ですね~!」 

と言ったら、

「彼は、元ブラジルサッカー代表のカレカ選手だよ(^^)」

と教えてもらいました~。
そういえばどこかで拝見した事のあるお顔。。。



サインしてもらい、握手もしてもらい、お酒も買ってもらいました~。わ~い。

ご一行のお写真です。
これからもカンピーナス市と岐阜市、ますます友好関係を深めていきたいです。

d0005720_14454122.jpg


真ん中の方がカレカさんです(^^)

ブログランキングに参加してます。
ベストテン入りしました!ありがとうございます。



[PR]
by shigeri.1008 | 2007-10-17 14:45 | だるま正宗の古酒

ただいま~!

ということで、無事NYから帰ってきました。

ほっとしてますが、とっても楽しかったのでちょっとまだ名残惜しく・・・。

古酒の評判も上々でしたし、いろんな方と新たな出逢いもありました。
本当に行ってよかったと思います。

また明日から、ブログにもアップしてゆきますので
どうぞ見てくださいね!

d0005720_22411348.jpg

[PR]
by shigeri.1008 | 2007-10-02 22:41 | だるま正宗の古酒
と、いうことで。
何かと言いますと、

こんど、こんな幕を作ります。
(色はもう少し濃い藍色の予定です)


d0005720_1602869.jpg




お極意様の居酒屋さんに

「達磨正宗の懸垂幕ってありますか?」

と聞かれたのですが、
今まで作ったこともなかったので、

「ありません、、、ゴメンナサイ!」

とお答えしたところ、

「じゃあ作ってよ(^^)、もちろん買いますから!」

と言うことに成りました。
なんていい人なんだ。。。買ってくれるんだ!
と、その太っ腹にカンゲキし、わたくしがデザインさせていただきました。

懸垂幕の大きさは、
90センチ×160センチで、小さめの畳一畳分くらいかな。
それで、上下に棒を通せるように輪が作ってあるので、
それに通して暖簾みたいにかけるってことです。

10枚作ると、15000円(税別)ですが、
これが20枚になると、きっともっと安くなります。
30枚作ると、8000円くらいか!
100枚だとタダか!(これは嘘です)



それで、せっかく作るのですから、
欲しい人募集しているわけです。

・お酒屋さん
・居酒屋さん
・普通のお酒飲みの人


一般の方は、買ってどうする。。。
と言う問題が発生するかもしれませんが、それはですね~。
お家の居間と台所の間のカーテンにするとか・・・。

あ、今思いついたんですけど、

達磨正宗を飲む時に、
この幕をどこかに貼って、居酒屋に言ったように演出する。

「お、女将久しぶり!」

なんて独り言を言ったりして(暗っ!)

出かけたくても飲みにいけないとき、
癒されること請け合い(* ̄∇ ̄*)




ちょっとでも欲しいと思ったら、迷わず私に連絡ください(^^;)
kosyu@daruma-masamune.co.jp までね!

よろちくね。

ブログランキング、復活したいのでポチッとお願いします。↓


[PR]
by shigeri.1008 | 2007-09-15 16:09 | だるま正宗の古酒