だるま正宗のお酒としげりの日常


by shigeri.1008
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

普通酒のビン詰め

今日は、普通酒のビン詰めラインに立って、
ほぼ1日、お酒をP箱に入れたり、フォークリフトで移動させたりしていました。

小さい頃から、ビン詰めの手伝いはしていました。
ラインに立って、お酒に首掛けを掛けていました。

首掛けというのは、だるまさんのシールで、
それを集めると志乃焼セットがもらえたのです。

1本1円で、小学生でも喜んでバイトしてました(^^)

30年前は、日本酒がとっても売れた時期だったので、
1日に詰める数が2000本とか3000本とか
今の10倍くらい詰めてましたね。

今や、日本酒はピーク時の35%くらいの量といいますから(泣)・・・。

最近は、「とりあえずビール」もなくなってきたそうです。
とりあえず・・・なんなのかな?

日本酒を飲む日というのは、
昔は「ハレの日」だったということですが

今の時代、日本酒を飲むのは、親戚が集まる「ハレの日」に再びなって来ているような
気がします。

日本酒を造る私たちがもっと「飲む意味」を考えて、商品を提供していくべきなんでしょうね。
美味しいのは当たり前で、もっと伝えることが必要だと思います。
[PR]
by shigeri.1008 | 2008-09-03 17:44 | その他いろいろ