だるま正宗のお酒としげりの日常


by shigeri.1008
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

しげり in ニューヨーク その1

ということで、
「しげり in ニューヨーク」です。ふふ。

ニューヨークと言えば、世界一の大都会で、経済の中心地でもあり、いろいろな人々がいていろんなものがある、すごい都会・・・。

といったイメージでした。

今回、このNY行きのお話は6月ごろにあったのですが、けっこう「さっ!」っと決めていました。やっぱり一度は行ってみたかったし、うちのお酒ももう8年くらいかな、NYで提供されているので、その様子も見てきたかったのです。

渡米の目的-----------------------------------------------------------------------
◆27日に行われるJOY OF SAKE に古酒会の皆さんと長期熟成酒研究会の皆さんと一緒に参加して、NYの方に古酒をきき酒してもらう。

古酒会とは?(山梨の七賢さんのサイトの中に詳しく書かれています。他の内容もとっても面白いです。古酒会についてはこのページの真ん中あたりにあります。)

◆28日には、輸入代理店の方と食事して今後の展望を話し合う。

◆29日には、マンハッタンのMEGUさんで古酒の会を行い、プロの皆さんに古酒をきき酒してもらったり、古酒について説明したりする。

-----------------------------------------------------------------------------------------

とにかく、限られた時間ですのでしっかりやらなければなりません。
成田を12時に出発して、NYに着いたのが同日の11時半。

飛行機の中では全然眠れず、ボーっとしたまま到着しました。

飛行機の中での面白い出来事や、入国審査でのアクシデントなどなどは
白木滋里のメルマガでお楽しみくださいね。今日書く予定です。

白木滋里のメルマガに未登録の方は、
こちらから

どきどきロンドン出張の時のメルマガバックナンバーはこちら 2004年9月ごろ


白タクのおじちゃんに、「どこに行くの?」と聞かれたりして、アタフタ・・・。


一足先に行っている皆さんと、ホテルで合流するのがまず第一目標です。

タクシーの運転手さんにきちんと乗せていってもらえるのかがとっても不安だったのですが、なんとかホテルに到着しました。あ~ひと安心。

ということで、もう時差で眠くて仕方ない為、
これは6時からのJOY OF SAKEまで、部屋で眠ろうと思いました。

けど、ここはNYだぜ。部屋で寝てたらもったいない!
ということで、最初はメトロポリタンミュージアムへ(^^)

NYの地下鉄=乗ったらスリにあったり、拳銃を突きつけられたりする可能性大!

私は絶対地下鉄なんか乗らない!
と思ってました。しかし一緒に酒販店さんの社長2人と合計3名だったので地下鉄初体験をいたしまして、なんともなかった・・・。NYはそんなに怖い場所じゃないんだぁ(結構短絡的)と思いました。

メトロポリタン美術館はとっても素敵で、いろんな宗教画とかありまして、美術に詳しくない私でもとっても綺麗な絵、ということはわかりました(おい)

その後、着物に着替える為に一旦ホテルに帰り、着物にお着替え。
国内ではほとんど着ることのない着物ですが、海外では絶対着るようにしています。それは、目立つからで~す。

自分で書いていて、アホかとも思いますが、外国で着物をきるとけっこうクセになります。あんまり日本で目立ってないので、外国で着るもので目立とうという、この浅はかさがなんともとんちんかんですが、やはり日本人女性たるもの着物でPRするのが一番です。

そして、ほとんど写真がないのですが(泣)
d0005720_15322865.jpg


これがお客様にお酒を勧めている、仕事している私です。
英語は得意じゃないのですが、今までも教育テレビで勉強したり、この五月から英会話教室に行って勉強したりしてたので、勇気を振り絞ってお客様に話しかけ、なんとか8割はお話することができたかな? 贔屓目に見てですが(^^;)

JOY OF SAKE は全米日本酒鑑評会でハワイ・サンフランシスコ・NYの三箇所で行われていて、NYが最終です。うちは直接は出品してませんが、熟成酒研究会のブースとして参加です。当日は3000人ものお客様がおいでになり、夢中の3時間でした。

もっと日本人が多いだろうと思っていたのに、8割は現地の方でした。びっくりしました~。
私の友達もシカゴから駆けつけてくれて、本当にありがとう!あまりお話できなくてホントに申し訳なかったです。

本当に古酒はお客様の受けがよかったです。大げさではなくホントです。
日本酒にある程度慣れている人は、色とか味わいにびっくりされて、それでいろいろと質問をくださいます。どんどん聞いてくるので、私も答えるのに一生懸命で、脳みそカラカラでした(^^)

日本酒はホントにNYで元気で、若い蔵元さんがあちらに住んでどんどん活動していたりして、すばらしいな~と感動しました。 

終わった後は、四川料理屋さんに行って、辛くて美味しいおなべを食べて、それから居酒屋さんでお酒を飲みました。帰ったのは2時くらいだったかな?
なぜか夜が更けるにしたがって元気になってくるわが身体。。。    続く

ブログランキング、ぽちっとひとつよろしく。




[PR]
by shigeri.1008 | 2007-10-03 15:59 | お酒の会