だるま正宗のお酒としげりの日常


by shigeri.1008
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

酒蔵環境研究会のゲスト in 新宿樽一さん

9月2日の東京出張、恵比寿の庵狐さんにお邪魔して、それからいったんホテルにチェックイン。今回のホテルは赤坂見附でした~。

で、恵比寿から地下鉄で赤坂見附に行こうとするも、途中で国会議事堂前や霞ヶ関付近で降りる駅を間違えてしまい、あ~、だめな私。

それにしても、東京に出張したほうが絶対普段の岐阜の田舎の生活よりも歩くね。
ですから、靴は一応ヒールがあるものですが歩きやすいものが必要です。中敷とか引いたりして(^^) 無事にホテルに着いたのですが、ゆっくりする暇もなく丸の内線で新宿三丁目へ。

今回は、7月に蔵まで来てくださった酒蔵環境研究会さんの例会にゲストとして招かれたのです。この会、酒蔵の環境を云々言う会ではなく、酒蔵の周りから地域づくりを考えてゆこうという趣旨の会です。

d0005720_13343161.jpg


場所は新宿歌舞伎町にある、樽一さんです。
ここは、鯨料理や三陸のうまいもので昔から有名です。

今回、久しぶりにお邪魔しました。

d0005720_13355981.jpg


う~岩牡蠣!
やった~! 肉厚のぷりぷりで本当においしかったぁ。

樽一さんは、宮城の銘酒「浦霞」さんのお酒がメインですが、今回は、だるま正宗の会ということで持込を特別に許していただきました。

そして、今回いろいろなだるま正宗を飲み比べしてもらったのですが、メインは平成元年の上澄みと「オリ」の部分の飲み比べです。
d0005720_13391572.jpg


平成元年は、ある程度しっかりした酸味を持っているのですが、元年のオリはとろりと旨く、皆さんに絶賛していただきました。

d0005720_13403028.jpg


最後には鯨の肉を、味噌仕立てのスープで鍋に。
あ~、古酒に合う!

15名さまほどの会でしたので、私も一緒にお料理を楽しみながらお酒の説明をしたり、蔵での普段の暮らし(別段話すほどのことでもないか)をお話したりして、和気あいあいと三時間が過ぎました。そして皆さんとお別れして、その後赤坂に向かいました。 出張記 つづく。
[PR]
by shigeri.1008 | 2006-09-16 13:44 | お酒の会