だるま正宗のお酒としげりの日常


by shigeri.1008
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

三千盛さんの蔵見学

先月の28日に、同じ岐阜県の東濃地方にある酒蔵「三千盛」(みちさかり)さんに
蔵見学に行かせて頂きました。

というのも、岐阜伝統食品の会の例会が東濃で開催されたのでメンバーでもある三千盛さんを
みんなで見に行ったのです。

辛口のお酒といえば、三千盛というくらい辛口にこだわった蔵で、その頑固さはだるま正宗も真っ青という感じですね(^^)14年ほど前に、蔵を新築されたということで、たいへん進んだ醸造機械がたくさんあり、「すごいな~!」とびっくり!

d0005720_16275036.jpg
 


社長さんが(中央クリーム色のシャツの方)丁寧にみんなに説明してくれました。
伝統食品の会は、岐阜でいろんなこだわり食品を造るみなさんが集まった会なので、酒造りを全く知らない人にもわかりやすく教えてくださいました。酒造会社は、三千盛さん、みりんでも有名な白扇酒造さん、そしてだるま正宗の3社です。
麹室も最新設備で、温度を計測して自動的に麹をまぜまぜしてくれる機械などもありました。

d0005720_1632599.jpg



なんと、お土産まで頂いてしまって、感激!

d0005720_16344898.jpg

やっぱり他のお蔵の酒も飲んでみたいもんね~!!!
この「朋醸」はもちろん辛口のさらりとしたお酒ですが、燗上がりもして丸くやさしくもなります。
だるま正宗とは、正反対のお蔵でしたがそれぞれの蔵が、それぞれの個性を大切にしていくことが一番大事なことだと思います。よきライバルでありながら仲間でもあるのが酒蔵ですので、切磋琢磨していきたいと思いました。


三千盛さんのホームページはこちらです。プレゼントなどもありますよ。
http://www.mediapark.ne.jp/michi/
[PR]
by shigeri.1008 | 2005-10-10 16:37